ホームスポンサー広告 ≫ 最強の保湿というけれど、セラミドはベタつくの?べたつく原因はもしかしてコレ??ホーム保湿 ≫ 最強の保湿というけれど、セラミドはベタつくの?べたつく原因はもしかしてコレ??

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





最強の保湿というけれど、セラミドはベタつくの?べたつく原因はもしかしてコレ??


セラミド ベタつく

セラミド ベタつく
こんな検索ワードで、このブログにたどり着く方が、時々いらっしゃいます。

実際につや子も、セラミド配合のものをいくつか試して、ベタつくと感じるものもあれば、そうでないものもありました。
ホントのとこ、セラミドはベタつくの?ベタつく原因はほかにあるのでは??
今日はそんなお話です。







セラミドはベタつかない


いきなり結論です(ただし、素人つや子の見解ですが)(^^;)
セラミド自体が、ベタつく原因ではないとつや子は思っています。そう思う理由はいくつかあります。

セラミドは水にも油にもよく溶ける


セラミドは角質細胞同志をくっ付ける、細胞間脂質の一つ。油なんですね。通常油は水とは混ざりませんが、セラミドは水とも混ざり合うことができます。ということは、肌の水分とも皮脂ともなじみやすいということです。馴染みやすければ、比較的ベタつきは感じにくいのではないでしょうか?

セラミドはもともと肌に存在している成分だから


そもそもセラミドとは、もともと肌に存在する成分。肌のバリア機能や保湿力を高めめてくれるものです。もともと肌にあるのですから、セラミド自体がベタつくということであれば、洗顔後の肌もベタつくこともあるのではないでしょうか?

「セラミド原液」というコスメでは、サラッとしているというレビューが多い


原液といっても、水+セラミドです(そこへ、品質保持のための防腐剤が添加されていることもあります)。セラミド100%ではありませんし、容器の水に対して、どのくらいの濃度でセラミドが溶けているのかわかりませんが、いくつかのセラミド原液コスメの口コミでは、「サラッとしている」というものが多かったです。
つや子があちこち口コミを見ましたが、ベタつくというレビューを見つけることができませんでした。

以上のことを考えると、セラミド自体がベタつく原因ではないように思うのです。


ベタつく原因は多くの化粧品に含まれるこれでは?


セラミドはベタつかないと思う理由をいくつか上げましたが、実際セラミド配合のスキンケア化粧品でベタつきを感じている人がいるのも事実。

実際につや子もべたつきを感じました。
昨年の秋から、トライアルセットを試してから、ずっとヒフミドのクリームを使ってました。化粧水はアンチエイジング効果を狙って、別のものを使うこともありました。

ちなみにつや子がヒフミドのトライアルセットを使ったときのお話はこちらの記事で

というのも、ヒフミドさんはちょくちょくお得なキャンペーンをされまして、化粧水とクリームをセットで買うとお得に購入できるんですね。つや子、心が傾きセットで購入。
冬に使っていた時は、全然気にならなかったんですが、暑くなると肌がベタつき、テカるようになってきたのです。

化粧水を変えてからということと、その使用感から、ベタつく原因は化粧水の方だとわかりました。
ヒフミドのクリームはクリームなのにベタツキが無く、サラッとした感じなんです。

何で化粧水でベタつくのだろう・・・

あっ、これだ。

つや子の肌をベタつかせたのはグリセリン、だと思う。


グリセリン。多くのスキンケア化粧品に入っていて、保湿力や安全性も高いのです。水とグリセリンを混ぜればそれだけで、化粧水が出来上がるくらいです。

手作り化粧水のレシピを拝見すると、グリセリンの配合割合は5%程度。多くても10%。グリセリン自体に粘性もあり、あまり多く入れすぎると、ベタついたり、逆に肌が乾燥するのだそう。

市販の化粧品には、全成分表示されていますが、配合割合まではわかりません。配合量の多い順番に書いてあるだけですから。

けれど、つや子が試した、セラミド配合化粧品でベタつきを感じるものは、「水、グリセリン、・・・・、・・・・・」とグリセリンが2番目にたくさん配合されていました。

決して、グリセリンが2番目=ベタつくと言っているのではありませんよ。

ただ、「つや子の夏の肌には、グリセリンが多いのはベタつく。」ということはわかりました。


スキンケア化粧品に含まれる保湿成分は1種類ではないから


スキンケア化粧品の主な目的は、保湿です。でも、その効果が高すぎると夏にはベタつく原因になりますね。

一つの製品に、相乗効果を狙って、たいてい複数の保湿作用のある成分が混ざっています。よく目にするのは「ヒアルロン酸配合」とか「コラーゲン配合」とかピックアップして、容器にも書かれています。

使ってみて、そのスキンケア化粧品がベタつくと、ついついそのピックアップされた成分が原因かのような気になりますが、実は原因はちがうこともあるのです。

アレルギーがある場合は別ですが、一つの成分をあまり毛嫌いせず、次はちがうメーカーのものを試してみると配合割合もちがうでしょうから、自分に合ったスキンケア化粧品が見つかるかもしれません。
美肌を目指すなら、貪欲に、貪欲に。


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

昔、「グリセリンは肌に悪い!」みたいな流れがあったそうですね。少し前にあった「シリコンは悪い」みたいな感じで。

「それぞれのアイテムが肌の上で混ざらないようにする」
なるほど( ..)φメモメモ

それぞれを、しっかり肌になじませるということですよね。
適当につけて、次から次へと重ねてはいかんと。

古屋つや子 | 2016.07.27 22:14 | URL


グリセリンが入っているスキンケアを避けている方もいますよね。
ベタつく原因は成分と使い方にもあるかも。

化粧水なら洗顔後すぐに使う事が多いからまだいいけど、
美容液・乳液となると バンバン次から次へと使ってしまうと、
ベタつく事があるみたい。

それぞれのアイテムが肌の上で混ざらないようにするのも
使い方のコツえすね(#^.^#)

ちょいと話がずれたかも・・・ 笑

Sammy | 2016.07.27 19:56 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。