ホームスポンサー広告 ≫ 冷え取り靴下でも効果を感じなかった、冷えっ冷えの足を温めたもの。ホーム冷え取り ≫ 冷え取り靴下でも効果を感じなかった、冷えっ冷えの足を温めたもの。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





冷え取り靴下でも効果を感じなかった、冷えっ冷えの足を温めたもの。


冷え取り お灸

もうすっかり冬。
気温も下がれば、体も冷えやすくなりますよね。つや子も30代半ばくらいから、冷えを感じるようになり、年々ひどくなっているような気もしています(;´Д`)
もう、足なんか1日の大半は冷えっ冷え。痛いとまではいかなくても、「キーンっ」とするというか、まあとにかく違和感があります。

でも、この冬はいい方法を見つけました。




足の冷え、どう改善する?


冷え取りというと、5本指の靴下を重ね履きする、「冷え取り靴下」が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。靴下を何枚も履くのだから、温まりそうですよね。
つや子も何年か前に実践してました。でも、なぜか温まらない。ひどくはならないけれど、冷えが改善される感じがありませんでした(;´Д`)

どうしたら温まるのか・・・。
「外から温めても効果なし、自分で温めるようにできないとダメ」なんて雑誌の記事を目にして、時間があるときに足首をクルクル回したり、ストレッチもしてみたりしましたが、これも今一つ。


もう、外からでも中からでもどっちでもええから、とにかく足が冷えて、キーンっとなる不快感から解消されたい!!

ということで、この冬初挑戦。



お灸の熱でツボを刺激して温める


つや子、お灸に初挑戦。
40年近く生きてますが、今までお灸をやってみようと思ったことは1度もありませんでした。
というのも、つや子が小学生の時、うちのおばあちゃんが「う~んっ」とうなりながらお灸をやってたんですね。昔ながらのもぐさを直接肌において火をつけるタイプで、終わったあと、肌がなんか茶色くなってました。
子ども心に「これはやったらあかんっ」と思ったもんです。

そんな記憶もあって、お灸に興味が無かったんですが、雑誌「クロワッサン」12/10特大号にてお灸のことが紹介されてまして、
○チリチリとした熱さを感じたら外す
○もぐさが直接肌に触れない台座付きのものが販売されている


お灸には、うなるほどの我慢も必要も無ければ、肌を茶色にすることも無い。と、理解しました。


せんねん灸ソフト パッケージ


初めてなので熱刺激が比較的優しい、ソフトタイプをえらびました。あとは、ライターに、ぬれタオル、水の入ったボールを用意します。

台座の裏の薄紙をはがすと接着面が現れるので、台座を肌に固定できます。これならもぐさが転がって火傷することも無いので安心(^-^)
灸台座

お灸に興味なかったので、こんな造りになっていることも知りませんでした。


初挑戦のお灸の効果


やってみたのは、両足それぞれ2か所。

冷え取りツボ(三陰交)

三陰交
女性にとっては万能のツボ。
内くるぶしの頂点から、指四本分上の場所。
冷えやむくみだけでなく、小顔やリフトアップ、シワにもいいといわれるツボ。まさに万能ですね。



冷え取りツボ(衝陽)

衝陽
足の人差し指と中指の間の延長上で、脈を感じるところ。
足の血行を促し、足全体の冷えを解消するのに欠かせないツボ。




ドキドキしながら火をつけてみましたが、チリチリと熱くなることも無く、ほわんと暖かい程度でした。で、火が消えたらお灸を直ちに撤去。
だって、やっぱ火が消えてなくて、急に熱くなったら怖いので・・・

1回目はちょっと暖かかったかな?くらいで特に変化も無く。何度かやってるうちに違いが出てくるのかな?と呑気に取扱説明書を見ていると「火が消えたあとでも刺激は続きます。熱くなければ台座が冷えるまでそのままにしておいて」という旨の説明を発見。

えっそうなの(゚Д゚;)??
ちゃんと説明書は読まないといけませんね。

ということで日を改めて、再度チャレンジ。


火が消えてからも、しばらく放置。うん、前回よりも暖かく感じる。でも、ポカポカとまではいかない。

お灸の台座が冷えたので、貼ってあったお灸を取り、靴下を履いたら、ビックリ。中からじわーんと暖かいんです。お灸をする前と全然違う!!
お灸をしている時は、冷えたぬれタオルの上に足をのっけってやっていたので、わかりにくかったんでしょうね。しかもその暖かさはけっこう長い時間続きました。

久々に、お風呂以外で足が温まったのを感じました。


ツボの正しい位置がわからない・・・


体のいたるところにツボはあって、そこを指で押したり、温めたりして刺激して体の調子を整えるものです。
でも、思いませんか?
ツボの場所はここであってるの?

ツボを押しても、急激に体が変化するわけでもないですしね。
「ここから指何本上の場所で、押すと痛みを感じるところ」と言われても、痛いといえば痛いかなぁ?(押したらどこでもいたいよなあ・・・)
まあ、このへんかな???
そんなモヤモヤした気持ちのまま、ツボを刺激してませんか?

でも、それで大丈夫なんだそうですよ。

「ツボの周囲には、似た作用のツボが集まっています。
だから、ピンポイントではなく、数センチ大のエリアでとらえれば大丈夫。」


クロワッサン12/10特大号より引用

あれこれ迷わず、「うん、大体この辺っ(^^)/」でいいんです。
多分、モヤモヤした気持ちでツボを刺激するよりも、スッキリした気持ちで刺激した方が効果的、なはず・・・。

あと、もぐさに火をつけるので、当然煙がでます。火災報知器がなったりしないか(どの程度の煙でなるのかわからないので)、気になったので、手持ちのお灸が無くなったら、次回は煙の出ないタイプを試してみようかなと思います。
アロマタイプのお灸も気になったりしてます(´▽`*)

いずれにしても、火を使うので火傷や火事には気をつけないと(^^;)




関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。