ホームスポンサー広告 ≫ たるみの原因は骨にもある。今から骨貯蓄して脱老け顔。ホームシワ ≫ たるみの原因は骨にもある。今から骨貯蓄して脱老け顔。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





たるみの原因は骨にもある。今から骨貯蓄して脱老け顔。


骨とたるみ

たるみと骨って関係あるんですよ。




たるみと骨の関係


骨というとどんなイメージでしょう。

骨=カルシウムでしょうか?
歳を重ねてくると、骨粗しょう症というのも気になりますよね。

骨とたるみって、あまり関係なさそうですが、実は関係あるんです、とっても。

たるみは、見た目年齢に大きな影響を与えるものですよね。

で、骨はというと、人の体の柱のような役割で、女性の場合20代をピークに40代までその状態が続き、閉経を迎えると急激に骨量が減るといわれています。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、骨を守る働きもしています。閉経期、エストロゲンは激減しますから、骨も減少するというわけです。

骨量が減るということは、骨が委縮する・縮むということ。けれども、骨の上に載っている皮膚はそのまま。結果、皮膚の方は余ってしまい、行き場をなくしてぶら下がるように骨にくっついているしかないのです。

フェイスラインがたるむのはもちろんのこと、頭蓋骨が減ると、眼球が入っているくぼみは大きくなって、目もくぼんだり、目の下がたるんでしまいます。
いわゆる、老け顔というやつです。


これをふまえると、骨量を増やせば、たるまなくて済む、老け顔にならなくて済むということですね。



骨を増やすためにできること


閉経に伴う骨量の減少はどうしても避けられません。ホルモンの影響が大きいわけですから。

でも、そこに至るまでに、骨の貯蓄をしておくことが大事でそうです。そうすれば、骨量の減少が始まっても、骨がもろくなりにくいそうです。逆に骨の貯蓄をしておかないと、早い時期から骨がもろくなりやすくなるとのこと。
日経ヘルス3月号によると、40代の10人のうち1人は、骨貯金不足の「骨粗しょう症予備群」だそう。

骨を増やす食べ物


骨粗しょう症の予防のためには、カルシウムを1日に800mg取ることが望ましいとされてます。けれど、50代以下の女性は500mgにもみたないカルシウムの摂取量なんだとか。

カルシウムの摂取が足りない上に、カルシウムは食べても、比較的吸収されにくい栄養なので、取り方にも工夫が必要です。

骨貯蓄の食事


○カルシウム
牛乳1杯で200mgほどカルシウムが摂取できる。
小魚やひじき、納豆や豆腐、切り干し大根にも豊富に含まれている。

○ビタミンD
カルシウムの吸収を助ける。
鮭やイワシやサンマなどの魚に多く含む。
干ししいたけやきくらげなどの、乾燥キノコに多い。
生のキノコでも、2時間ほど日光に当てるだけでも、ビタミンDが大幅にアップする。

○ビタミンK
カルシウムが骨に沈着するために必要。
お手軽に摂取できるのは、納豆。一パック(50グラム)を1~2日に1回食べるだけでも充分摂取できる。
小松菜やホウレンソウにも多く含む

○ビタミンB群・葉酸
血中の葉酸、ビタミンB6、ビタミンB12が減ると、骨の質が低下する。
葉酸は緑黄色野菜やのりに多く含まれる
ビタミンB6は、レバーやマグロ、バナナ
ビタミンB12は、レバーやさんま、シジミに多く含まれる。

○たんぱく質
しなやかで丈夫な骨を作るためには、コラーゲンが必要。
手羽先のほか、魚や肉、大豆などのたんぱく質をしっかり取る。


糖化を防ぐ


骨というとカルシウムというイメージが強いですよね。でも、骨はカルシウムだけでできているのではありません。骨の柔軟性をつかさどるのはコラーゲンなんです。で、そのコラーゲンはたんぱく質ですよね。

たんぱく質は食べ物の糖と結びつくと、糖化してダメたんぱくになります。
これは肌だけでなく、骨のたんぱく質にも言えること。

丈夫でしなやかな骨を作るには、糖化させないことも大事なんですね。

こちらで糖化を防ぐ食生活もご紹介しています。
⇒もち麦はダイエットだけにあらず、もち麦で肌老化の原因を取り除く

骨に刺激を与える


丈夫な骨を作るには、食べるだけでなく、運動も必要。
骨の細胞は、骨にかかる力を感知すると、骨を作れと指令を出すのだそうです。

骨に力をかけるといっても、激しい筋トレの必要はありませんよ。1分ほど片足立ち(1日に3回ほど)したり、両足でジャンプ(1日に50回程度)したり、軽いもので大丈夫。



美肌になるためならがんばれそう。


アラフォーつや子、正直、骨粗しょう症対策は今からやらないといけないと知りつつも、なんとなくまだ先かな?という気もしてました。
でも、5年後、10年後のたるみのない自分を考えると、ちょっと頑張ろうかな?って思えます。
美肌・脱老け顔のためと考えると、モチベーションも上がります。
単純だなあ~、自分(^^;)


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。