ホームスポンサー広告 ≫ ニキビの原因は皮脂だけじゃない。大人のニキビは○○のサインです。ホームスキンケア全般 ≫ ニキビの原因は皮脂だけじゃない。大人のニキビは○○のサインです。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ニキビの原因は皮脂だけじゃない。大人のニキビは○○のサインです。


ニキビできますか?

「大人のニキビ」や「アダルトニキビ」なんて呼ばれるもの。


「ホルモンバランスの乱れや、食生活の乱れとかで、皮脂の分泌が多くて毛穴が詰まるから、ニキビができるんでしょ?」

「肌を清潔にしとけば治るでしょ?」

そう思ってました。

でも、大人のニキビはそんな甘くは無かったんです。
あるサインなんです。



今日は、そんなニキビのお話です。





若者と大人のニキビの決定的な違い


そもそもニキビは

毛穴の中にある「アクネ菌」が過剰に増殖して炎症を起こしたもの。
そしてアクネ菌は皮脂をエサに増殖しています。


それは若者も大人も同じです。

違いは「何が毛穴を詰まらせているか」なんです。

若者のニキビは皮脂の分泌が多く、毛穴が詰まる。

大人のニキビは、
毛穴まわりの角質が厚くなって毛穴が詰まるんです。


出口をなくした皮脂をエサに、アクネ菌が増殖して炎症を起こすんですね。


だから、乾燥肌でも大人のニキビはできるわけなんです。


大人のニキビは老化のサイン


角質が厚くなるということは、細胞の入れ替わりがうまくいっていないということ。

ターンオーバーの乱れというやつです。

何か気づきませんか?


そう、肌の老化現象なんです。

大人のニキビは老化のサインなんですね。

つや子、ショックでした。

「お前の肌は、もう老化している」
と突き付けられたような感じがします。


でも、これしきの事でめげてはいけません。

だって、大人のニキビのケア・予防はアンチエイジングそのものなんですから。


しっかり保湿された肌は、アクネ菌のエサになる、無駄な皮脂の分泌はありません。
バリア機能も働いて、外からの刺激にも強いもの。


古い角質を取り、ターンオーバーが正常な肌は、毛穴を角質で詰まらせることも、くすみも無い。
そして柔らかい。

大人のニキビのケアをすると、美肌の条件がそろうんですよね。


「そのうち治るよ」と、ほったらかしにしている場合ではないんです。


大人のニキビケア(生活習慣)


大人のニキビは、毛穴に角質が詰ってしまうことが大きな原因です。

ホルモンバランスの乱れ
睡眠不足
食生活の乱れ

なども原因の一部であったり、ニキビを悪化させている原因でもあります。

ですからまずは、生活習慣の見直しが必要です。

ストレスをためすぎない
過度のストレスは、ホルモンバランスの乱れを引き起こす原因です。

自分なりのストレス解消法を見つけて、すこしでもリラックスできる時間を持ちましょう。


しっかり寝る
しっかり寝ないと、肌や体の機能を修復してくれる、「成長ホルモン」の分泌が減ったり、うまく活用できません。


油脂の取りすぎ注意
食事から油を多く取ると、アクネ菌のエサとなる、皮脂の分泌も増えます。


大人のニキビケア(スキンケア)


皮脂の分泌を抑える
ビタミンC誘導体
ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑える働きがあります。
化粧水でビタミンC誘導体を補うのがおすすめ。

セラミド
しっかり保湿して肌が潤えば、
余分な皮脂の分泌を抑えることができます。


古い角質を取る
毛穴を詰まらせる、古い角質を取るにはピーリングがおすすめ。


ニキビができている時のメイク


ニキビは炎症なので、できるだけ刺激を避けたメイクを。

また、油分も控えたいところです。
化粧下地や、リキッド・クリームファンデーションも、ひとまずお休みに。


メイク前にセラミドなど、保湿成分配合の美容液でしっかり保湿。
そして、肌に負担のすくないパウダーファンデーションで仕上げます。



ニキビ=吹き出物で、そこまで気にしてませんでした。
でも、大人のニキビは老化のサイン。
皮脂を洗い流すケアではなく、角質ケアが必要なんですね。

もちろん、充分な睡眠とバランスのとれた食事も忘れずに。


では、また・・・。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。