ホームスポンサー広告 ≫ 手荒れの対策はハンドクリームだけじゃない。これもしっかりと!ホームハンドケア・ネイル ≫ 手荒れの対策はハンドクリームだけじゃない。これもしっかりと!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





手荒れの対策はハンドクリームだけじゃない。これもしっかりと!


手荒れの季節ですね。

主婦の方は、これから年末にかけて大掃除など、水仕事が増えます。水仕事は手荒れの原因の一つです。
ゴム手袋を付けて、手荒れ対策をする人も多いですよね。

でももう1つ、これもしっかりやった方がいいよということがあります。

今日はそんなお話です。




つや子は非常に無精者でして。
手が乾燥しすぎて、お湯で洗ったらピリピリしみるようになってから塗りはじめます。

でもね、それもそろそろやめないと・・・。
手にも年齢って出ますものね。


手が濡れていることも手荒れの原因


洗剤や石鹸の脱脂力が、手を乾燥させ手荒れをまねくのは、広く知られていますね。

でも、手は濡れているだけでも乾燥していきます。

以前の記事で、「化粧水のつけすぎは、逆に乾燥する」というお話をしました。
まだ読んでいない方はこちら⇒「化粧水では保湿できない?」

水で濡れていると、しっとりしているように感じますが、実はどんどん水分は蒸発していって乾燥します。


「水仕事の時は、手袋しているから私は平気よっ」

そう思いましたか?

でも、問題はそのあとなんです。


水で濡れた手、キチンと拭いていますか?
もちろん、食器を洗い終えて「よし、家事終了!」となれば、しっかり手を拭きますよね。

でも、家事の途中はどうでしょう?

野菜を洗う時
ちょっと菜箸を洗う時
そんな時まで、なかかな手袋できません。

お肉やお魚を洗った後は、しっかり石鹸で手を洗いますよね。
ハンドケアに気を使っていても、水に濡れる機会は多いんです。


でも、そのたびに手をしっかり拭いていますか?
忙しいからと手のひらだけササッと拭いて、手の甲は煮れたままではありませんか?


もちろんつや子は、ササッと手のひらだけ拭く派。

水に濡れているだけで乾燥していくのであれば、ササッと拭いて終わらすのは、いいことではありませんね。


それに気づいてからは料理の途中も、できるだけ手をしっかり拭くようにしています。

拭くときは、こすらず・抑えるように。
顔と同じように、手にも優しくです(^-^)


手荒れ対策はハンドクリームが基本


手荒れ対策にはハンドクリームを塗るのが基本です。家事が終わったあと、手を洗ったあとは、そのたびにハンドクリームを塗るのが良いです。

でも、ズボラなつや子はすぐさぼります。

なので、ひと工夫。

使いやすい場所に置く
キッチンだけでなく、リビングや玄関。色んなところにハンドクリームを置いてる人もいますね。

つや子はできる限り、物を増やしたくないのでハンドクリームも1本、リビングに置いておきます。ポーチなどにしまわず、置いておきます。
狭い賃貸なので、これで十分。


使いやすいクリームを選ぶ
クリームを塗るということは、手に油分が付きます。
多かれ少なかれ、ヌルつき・べたつくもの。

つや子はさらっとしたものが好みです。べたつくものは、塗ったあと何かと作業がしにくいので苦手です。
ボールペンは握りにくいし、スマホをさわれば液晶は汚れます。
ですから、べたつくハンドクリームは、どんどん使わなくなっていくんですね。

ヌルついたり、べたつくハンドクリームは、こっくり濃厚で、とてもしっとりします。そして、持続力も高い。


でも、家事や手洗いで濃厚なハンドクリームも、洗い流されていきます。
そして、またハンドクリームを塗ることになります。


それなら、しっとり感の持続を重視するより、さらっと、使い心地がいいものがいいかなと。
何度も塗ることができて、便利だなと感じています。

ちなみに、つや子おススメのハンドクリームはこれ。
リスブラン


リスブランの「PWSハンドクリーム」です。
塗ったあと、さらっとしてるのに、手はしっとり。頼もしいやつです。



寝るときの手袋は熟睡のさまたげに


寝る前に、ハンドクリームをたっぷり塗って手袋をして寝る。いかにも効きそうなハンドケアですね。

でも、どうですか?
寝る前にした手袋、朝までしていますか?

私も、手袋をして寝ていたことがありました。
でもね、朝にはないんですよ、手袋。

布団をめくれば、丸まった手袋が登場。
何度そんな朝を迎えたことでしょう。
無意識の間に、とってるんですね。


それは、手や足が寝ている間に体温を放出していることに関係があります。


眠っていて暑くなると、無意識のうちに手や足で、布団を押しのけたりしますね。
そうして眠りやすくしているんです。
寝相が悪いといって馬鹿にしちゃいかんのですよ。立派な体温調節機能ですのよ

手袋を無意識のうちに取ってしまうのも、これと同じことです。
上手く熱が放出できない⇒手袋取って、快適に。
手袋をして眠ることは、快適な状態ではないのです。  

そして、手袋をして眠ると、体温で蒸れた状態になります。
しっとりしているようにも感じますが、
実はこれも汗で濡れている状態。  


しかも、長時間濡れていると、手はふやけてきます。ふやけている肌は、軟らかくて傷つきやすいんですね。


無意識のうちに手袋が無くなっているようなら、心地よく眠れていないかもしれません。ハンドクリームをたっぷり塗るだけにして、睡眠の質を高める方がよさそうです。


外出時にはキレイなハンカチを


外出時に店などでトイレに行くと、ジェットタオルがありますよね。
ブウォ~んっと手についた水を吹き飛ばしてくれます。

でも、あれは「水」+「風」で乾燥をまねきます。

便利でいいのですが、できればハンカチを持参しましょう。


またその時は、キレイなハンカチを用意しましょう。何も、ブランドの高級なハンカチを用意する必要はありません。
キレイに洗ったハンカチです。
間違っても、しばらくバックに入っていた、シワシワのハンカチを取り出すのはよしましょう。


衛生面の問題もありますが、どんなにきれいな人でも、ヨレヨレのハンカチを取り出したら・・・
余計なお世話とはいえ、ちょっと、がっかりしませんか?

大人女子ですからね、そういった細かなところも、気を配れると素敵ですね。



ではまた・・・。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。