ホームスポンサー広告 ≫ 足が冷たいと寝付けない、温めすぎると熟睡できない。寒い冬に快適に眠るコツ。ホーム生活習慣 ≫ 足が冷たいと寝付けない、温めすぎると熟睡できない。寒い冬に快適に眠るコツ。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





足が冷たいと寝付けない、温めすぎると熟睡できない。寒い冬に快適に眠るコツ。


毎日、ぐっすり眠っていますか?

すっと寝付いて、ぐっすり眠れれば、それだけで朝の気分もいいですね。
健康にもアンチエイジングにもいのです。

でも、なかなかそうもいかないもの。

冬場は寒くて足が冷えて、寝付けない、ぐっすり眠れないということがあります。


それを解消するべく、お風呂にじっくりつかったり、靴下を履いたり、湯たんぽや電気毛布を使ったり。

寒い冬、質の良い睡眠をとるためのコツを、今日は考えてみます。





睡眠と体温のつながり


人の体温は夜になると、下がります。
さらに眠るとより下がっていきます。

ということは、「体が暖かいままだと眠りにくい」ですね。

「えっ、足が冷たいと眠れないけど、温まると眠れるけど?」って、思いますよね。


ここで言う体温とは、体の内部の深部体温と言われるもの。

この深部体温が、下がっていくときが寝付きやすく、熟睡しているとより下がります


深部体温を下げるには、手足が暖かい必要があるんです。

手足が暖かい時は、毛細血管が広がってます。
毛細血管が広がると、そこから熱が放出され、深部体温も下がっていくんです。


手足が冷たいと、毛細血管は縮んだまま。熱は逃げていきません。

だから、手足が冷えると、身体の中の熱が逃げていかず眠れないのですね。


疲労を回復する睡眠


睡眠の目的は、疲労回復。

身体疲労の回復もありますが、脳の疲労の回復が一番の目的です。

身体疲労は横になっていたり、その部分を動かさなければ回復します。

でも、脳の疲労は、眠らないと回復しないのです。

思っている以上に、人間の脳は日中いつも働いています。オーバーヒートしないように、じっくり休ませないといけません。

脳をじっくり休めるには、身体の深部体温とともに、脳の温度も下げて熟睡する必要があります。


熟睡するためにできること


身体や脳の温度が暖かいままでは、熟睡できません。

●寝る前に温まりすぎない。
寝る前に熱いお風呂でしっかり温まるりすぎると、深部体温が下がるまで時間がかかり、寝付きにくくなります。

ぬるめのお湯で温まるのがおススメです。


●睡眠中に温めすぎない
寒い日は、暖かい布団で眠りたいもの。

でも、温めすぎは熟睡のさまたげになります。
深部体温や脳の温度が下がりませんからね。

電気毛布でポッカポカに温めて寝るのは避ける
暖かすぎて、夜中に起きたことはありませんか?

熱くて、熟睡できていない状態です。

電気毛布は、「弱」設定にするか、タイマーなどで途中で切れるようにしておくのがおススメ。


湯たんぽを使う
湯たんぽはじっくり温まり、少しずつ温度が下がっていくのでおススメです。
湯たんぽ


以前つや子は電気毛布派で、
「湯たんぽなんて、そこだけしか暖かくない」
と思ってましたが、そんなことありませんでした。

寝る前の1時間ほど前に、湯たんぽを布団の中に入れておけば、寝るときには布団も程よく、全体が温まっています。

朝になっても、まだ暖かい。
そして電気代もいらないので助かります。


でも、低温火傷には注意しないといけません。
眠るときは、湯たんぽを少し体から離して。


靴下を履いて寝るのをやめる
足は熱を放出する場所ですから、靴下は履かない方をおススメします。


でも、どうしても履かないと冷える場合は、靴下選びには気を付ける必要があります。

締め付けない靴下を選びます。

普段履く靴下は、しっかりゴムでずれないようになってますね。
それを履いて寝ると、血行を悪くしてしまいます。かえって冷えを悪化させてしまいます。

締め付け感がない靴下がいいのです。

暑くなったら、無意識のうちにでも脱げるくらいがいいですね。


すっと寝付いて、しっかり熟睡できれば、身体も脳も回復します。
スッキリ朝を迎えたいですね。



ではまた明日・・・。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。