ホームスポンサー広告 ≫ 目の下のシワのケア、市販のビタミンC誘導体配合化粧水でも大丈夫。濃度より鮮度です。ホームサイクルプラス ≫ 目の下のシワのケア、市販のビタミンC誘導体配合化粧水でも大丈夫。濃度より鮮度です。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





目の下のシワのケア、市販のビタミンC誘導体配合化粧水でも大丈夫。濃度より鮮度です。


シワの原因は乾燥ではないというお話をしました。

実はつや子は最近になってそのことを知りました。

乾燥が原因ではないから、
いくら保湿してもシワは消えない。


ショックでした。
だって、目の周りのシワに気づいて
保湿に取り組んでいたところでしたから。


ちりめんジワと呼ばれる、ごく浅いシワは
保湿で解決できるそうです。


ところがつや子の気になっているシワは
深く刻まれてはないけど、
「ごく浅い」というレベルではないもの。


シワができた原因はわかっています。


つや子は目が悪いので
日ごろは眼鏡をかけています。

でも、家で洗顔後、入浴後などは
眼鏡をかけず過ごす時間もあります。

ちょっとテレビが気になれば、
目を細め、しかめっつらで見る。


そんなことを、たびたびやっているのです。

おそらくそれが原因でしょう。


幸い、真顔に戻ればシワは、ほとんど見えなくなります。
家でのケアで解消も望めます。


遅ればせながら、アンチエイジングを気にかけるようになったつや子。


シワに良いといわれる成分も知っています。


さっそく、お手頃で有効成分もきっちり入ったものは無いかリサーチ。

そして実際に試してみました。

やっぱり、正しいアプローチをするとちがうっ!!
何事にもやり方ってものがあるんですね~


さて、その正しいアプローチとは・・・







シワには有効と言われる成分といえば、

ビタミンC誘導体です。
シワの原因や
なぜシワにビタミンC誘導体がいいのかはこちらの記事で
シワができる原因は乾燥しているから?



ビタミンC誘導体にもいろんな種類があるのですが、

皮膚科医の吉木先生おススメは
「リン酸アスコルビル」
「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」


こういった成分を含む、化粧水を探しました。


そして見つけたのがこちら。
サイクルプラス中身
ビタミンC誘導体である、
「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)」を混ぜて作る、
サイクルプラスのスキンケアです。

えっ?自分で混ぜるの?

そうなんです、自分で混ぜて作るんですよ。



豪華なサイクルプラスのお試しセット


サイクルプラストップページ
今回、サイクルプラスのお試しセットを購入しましたが
届いたのは、通常販売されているサイズの化粧水でした。
たっぷりじっくり試せます。


そして画像を時計回りに

クレンジング
洗顔
乳液
クリーム
ジェルクリーム(美容液+乳液+クリームの役割をこれ1本)
約7日ぶんのトライアルセットもついていました。



おそらくですが、このセットで一番力を入れているのは
化粧水ではないかしらと、勝手に思っています。



サイクルプラスは二剤式化粧水


サイクルプラスの化粧水は
エンリッチローション
化粧水を自分で混ぜて作る。
というお話をしました。


ボトルの中の液体と
パウダー(ボトル隣のシルバーのスティック)の二剤を混ぜます。


それはなぜか。
ビタミンC誘導体は変質しやすく
化粧品に安定して配合するのが難しいからです。



スーパーのお惣菜のように
作ってすぐに売るということができませんからね、化粧品は。

どうしても、作ってから使われるまで時間がかかります。

そして、その間に変質してしまう。


そんな残念なことにならないように、
使う前に自分で混ぜて、化粧水を完成させるんです。
新鮮な化粧水ですね。

市販のビタミンC誘導体には、「高濃度」とか「原液」とうたっている物もありますが、ビタミンC誘導体は皮脂の分泌を抑える働きがあるので、乾燥を招く恐れもあります。
リスクもあるということですね。

ですから、濃度よりもビタミンC誘導体を安定させる配慮(要冷蔵だったり、使う前に混ぜたり)がある物の方がいいようにつや子は思います。


では、混ぜてみます。

とても細かいパウダーです。
サイクルプラス パウダー
つや子、勝手に顆粒状だと想像してました。


これを、化粧水のボトルのキャップを開けて
パウダーを入れます。

あとは、キャップを閉めて振るだけ。
簡単です。


そして混ぜた後は1ヶ月を目安に使い切ると良いそうです

ボトルには混ぜた日を記入する場所もあります。
そして、1週間分の目盛りもついています。

約1カ月の新鮮なうちに使い切れるよう、配慮があります。
サイクルプラス(ボトル)



エンリッチローションの特徴


化粧水とパウダーを混ぜてつくるというのが大きな特徴。

成分的にはというと
高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)配合していること。

サイクルプラス成分
パウダーはビタミンC誘導体の塊ですね。


エンリッチローションに含まれる高浸透型ビタミンC誘導体(APPS)は
即効性のある水溶性ビタミンC誘導体
浸透力の高い油溶性ビタミンC誘導体

その両方の性質を併せ持つ、画期的な成分だそうです。

しかも、今までのビタミンC誘導体の約100倍の浸透力があるのだそう。


つや子のシワ、どうなったの


では、実際に使ってみます。

エンリッチローションの使い方を読んでみると

「まず3滴ほど手に取り、顔全体になじませます」

え?え?3滴??足りなくない?



「さらに2滴ほど手に取り、目の周りなど気になるところに重ね付けしましょう」


そ、そうか。足りないところには重ね付けすればいいのね。

では、とりあえず3滴なじませますか。


うん、やっぱり足りないね。
つや子の顔が大きいのかしら・・・


とりあえず重ね付けを。


このエンリッチローションは
たっぷり付け効果を期待するものではないようですので

顔全体にいきわたり、
なおかつ顔がビシャビシャにならない量を付けました。



つや子の場合、8滴ほど。

ローション
少しだけ黄色いローションです。

とろみは無くて、スッと馴染みます。
つや子の好きな感触です。

とろみが強いと、なかなか肌になじまないので
苦手なんです。


エンリッチローションの後は
一緒に入っていたトライアルの乳液やクリームを付けました。

それが無くなれば、手持ちのクリームを付けました。

そのケアを朝晩の2回行い、
そして、今3週間が過ぎました


つや子の目元のシワ、目立ちにくくなりました(*^_^*)

この画像、サイクルプラス、エンリッチローションを使い始めて
3週間目のもの。
サイクルプラス3週間目


ちょっとしかめっつらすると、こんな風にシワ出現。


でも、これでもずいぶん気にならなくなった方なんですよ。
前はもうちょっとクッキリでした。



本音をぶちまけますと
「化粧品でシワなんか消えることは無い」
と思ってましたから。

化粧水で保湿してシワを消そうとして、消えない経験もありましたし。

サロンでじっくりケアするか
ものすご~く高いクリームを、継続して使い続けて、
初めて実感できるものだと思ってたんですね。


それは、おそらくつや子には手が届かないこと。


でも、そうじゃなかったんですよね。

正しいアプローチをすれば、解決できることもあるんです。
もちろん、継続も大事ですが。


「次は毛穴もどこかに行ってくれないかしら」
そんな期待すらしてしまいます。

ビタミンC誘導体は、たるみ毛穴にもいいようですから。

これからは目元だけでなく、頬の重ね付け決定です(^-^)



シワやたるみやハリにも大活躍のビタミンC誘導体。
新鮮なビタミンC誘導体はこちらがおススメです⇒サイクルプラス


では、また明日・・・


コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。