ホームスポンサー広告 ≫ O脚を治すにはかかと重心をやめよ!ホーム足裏バランス ≫ O脚を治すにはかかと重心をやめよ!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





O脚を治すにはかかと重心をやめよ!


つや子はO脚で、太ももが太いのがコンプレックスです。

O脚を治すためには、骨盤ばかりに注目してはいけない。体を支える足裏のケアも必要なんだと気づいてから、3本指の足裏バランスを整える靴下を履いて生活を初めて、約8カ月。

さてさて、つや子のO脚はどうなっているのでしょうか。




以前、足裏バランスを整える靴下のお話をしました。
こんな靴下です。
足裏バランス(靴下履いた)


まだの方はこちらを先にどうぞ⇒探し続けたO脚を治す方法。私の場合は足裏だった

靴下を履き始めて、3か月が過ぎたころ足首にくびれが出来ました


ふだん、ゆとりのあるパンツしか履かないの気づきませんでしたが、実はこの時すでに、

太ももがマイナス2.3cm
(51.8cm→49.5cm)
減ってるっーーv(o゚∀゚o)v

成果が出てくると、なんだかやる気もアップします。

O脚は体重が足の外側にかかりがちです。
それを改善すべく、体重が小指側でなく、親指側にかかる内側重心になるよう意識することが増えました。


3本指の靴下のおかげで、だいぶ内側にかかるようにはなりましたが、まだ足りない。
内ももに力が入ってない、内ももの筋肉を使えていないんですね。これ、何とかしないと。

O脚を治すには、内ももを使って歩くことが必要


O脚矯正ストレッチで、内ももに負荷をかける方法がよくあります。内ももを鍛えるんですね。
つや子、「内ももの発達無くして、O脚は改善せぬ。」と悟ります。

でも、内ももを使った歩き方って、どうすればいいの??

色々試してみます。もう、執念です。

で、わかりました。
かかと重心をやめることです。

足裏バランス健康法を提唱している笠原先生は、この3点で支えるのが正しい足裏バランスだとおっしゃいます。
足裏バランス3点

つや子、それは理解しているつもりでした。足の指で踏ん張ることを意識もしてました。
でも、まだまだかかとに重心が寄っていたようです。


よく、キレイな立ち方で「かかと7、つま先3くらいで」と体重のかけ方を説明されますが、つや子の場合「かかと9、つま先1」くらい。
ほぼ、かかと。

でもそれを改めると、全然ちがってきます。

かかと着地をやめると、お腹まわりが引き締まる


歩くとき、最初に地面につくのはどこですか?

つや子はかかとから着地です。かかとに重心が寄っているので自然とそうなります。
キレイに見える歩き方として薦められてもいますね。

でも、笠原先生は、かかとで着地するのは良くないといいます。衝撃が強いそうです。
(詳しくはまた後日に)

つや子、かかと重心とかかと着地をやめようと決意。

歩くときは、できるだけ足全体で着地します。つや子の場合、土踏まずから着地するイメージでやるとうまくできました。

するとね、内ももだけでなく、このあたりの筋肉も「使ってるーっ」て感じがします。

かかと着地をやめた

体幹を使って歩いてるという感じ。


モデルさんが「ウエストのあたりからが足だと思って歩く」と言っているのをテレビで見たことがあります。
やっと、その感覚わかりました。


まだまだ意識しないとかかとで着地してしまいますが、かかと重心をやめてから
ウエストにくびれが出現!!ウエストの位置も上がりました。

ビフォーアフターの写真を撮ったんですけどね、違いがわかりにくい(>_<)
ババシャツ&スパッツで張り切って取ったんですけどね。
脱げば結構違うんですけど、あんまりキレイでないので察してやってください。
(ハミ肉とかいろいろ・・・)


そんなこんなで、3本指の靴下生活8か月目。

最初は指4本分、膝と膝が離れてました。
それが膝と膝の間が指2本分まで縮まりました

どんなに頑張っても膝と膝がくっつくことは無かったんですが、今はがんばったらくっつくところまで行きました。膝はプルプルふるえてるけど。


歩き方で体系って変わりますね。
そして、○○矯正といって本やグッズがたくさんありますが、まずは自分の身体を観察するのが大事です。

では、また。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。