ホームスポンサー広告 ≫ 美脚の敵、むくみの原因の塩分。減塩の為には減塩しないこと。ホーム骨盤・O脚・足やせ ≫ 美脚の敵、むくみの原因の塩分。減塩の為には減塩しないこと。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





美脚の敵、むくみの原因の塩分。減塩の為には減塩しないこと。


減塩の秘訣



美脚の敵、むくみ。
原因は様々ですが、今日はその中でも塩分を取り上げてみたいと思います。

また、塩分を減らすためは「塩分を減らさない」という驚きの方法をご紹介します。







塩分とむくみの関係


塩分のとりすぎは、むくみに繋がります。
それは、なぜでしょうか。

塩は塩化ナトリウムが主な成分。岩塩などは、そこにマグネシウムやカリウムなどのミネラルが含まれます。

塩のナトリウムは、からだに水分を貯め込む働きがあります。

逆に、カリウムには、からだの水分を追い出す働きがあります。

塩のとりすぎ=ナトリウムのとりすぎとなって、からだに水分を貯め込み、むくみとなるわけです。

また、野菜や果物には豊富にカリウムが含まれますが、食生活の乱れによって野菜や果物を食べる機会が減ると、カリウムも不足し、からだの水分を追い出せずむくみます。



一日にどれくらいの塩分ならOK?


一般に日本人の食生活は、塩分が多いといわれています。

平成25年の国民健康・栄養調査によると
食塩摂取量の平均値は、男性11.1g女性9.4g (成人の1日での平均摂取量)
だそうです。減少傾向にあるようです。

が、国が推奨している塩分摂取目標量は、男性8.0g/日未満、女性7.0g/日未満
(ちなみにWHOでは、5g/日未満)

まだまだ塩分摂取が多いよですね。

塩分摂取が多いとむくみだけでなく、高血圧の原因になります。

高血圧は脳卒中、心臓病、腎臓病など命に関わる疾患を招く恐れもあるので、美脚の為だけでなく、健康の為にも塩分摂取を減らすことが大事ですね。



塩分を減らすコツは、減塩しないこと


塩分を減らすこと、減塩。減塩食は美味しくないっていうイメージありませんか?

なんか物足りない、味がぼやけて美味しくない。そんな風に思っていませんか?

その美味しくない原因は「塩分を減らすから」なんです。

((((;゚Д゚)))))))  ええっ?


はい、わけがわかりませんよね。

正しくは「献立のすべてを減塩するから美味しくない」のです。

「減塩しなくちゃ」といって、メイン料理も副菜も、汁物も全部減塩してしまうと、どれを食べても味がぼやけて物足りない。美味しくないということになります。

減塩は毎日続けて行かないといけないのに、美味しくないと続きません。

それを解消するために、近江八幡市立総合医療センターの八田告先生は「減塩の為に塩を減らさない方法」を患者さんに指導されているそうです。

どのようなものかというと、好きなおかず一品だけは、減塩しないというもの。
そして、ほかの副菜や汁物は塩を減らす、または使わずに作ります。

「おいしい(^-^)」と満足するものが一品あれば、その他のものも美味しく頂けるのだそう。

不思議なものですね。食事は舌で味わうものですが、心を満足させるということも大事なのですね。


つや子が減塩のためにやっていること


「だし」を利かせる
お酢を使う

古屋家では毎日、味噌汁が登場します。以前はだしの素を使ってましたが、できるだけだしをとるようにしています。
少しの手間はかかりますが、香りが豊かで、味噌を控えても美味しい味噌汁になります。

また、あえ物など「なんか物足りない」という時に、お酢を少し加えると味がしまって美味しくなります。
照り焼きなども、醤油を少し控えてお酢を加えると、加熱によって酸味は飛ぶかわりに「コク」がでて美味しくなります。


食卓では、付け合わせの野菜にはドレッシングやマヨネーズはあまり使いません。メインの肉や魚と一緒に食べれば、あまり必要に感じないのです。


若いころには全く気にしなかった血圧。アンチエイジング世代になると、自分だけでなく同居する家族に血圧が気になる方がいたりしますよね。
また、「塩分は習慣」ですから、子どもに塩分の多い食事が当たり前にならないように、今から塩分控えめが「いつものおうちごはん」になるようにしたいと思っています。
プラス、つや子の足がむくみませんようにという下心も満載(^^;)









関連記事

コメント

Re: 訪問ありがとうございます。

こんにちは。コメントありがとうございます。

我が子とはちがって、旦那さんには「実家の味」というベースができてますから難しいですよね。
古屋家ではいつも薄味ではなく、こってりの時もあります。
物足りない時、主人はマヨネーズなどかけている時もありますよ。

今のところ主人も健康面には問題ないので、まあ、あまり口出しせず、家族が気分よく食べられればいいかなと。
ゆるーく減塩です(^^;)

古屋つや子 | 2016.01.21 10:31 | URL


こんにちは。

子育て世代なので薄味の食事と思っているのですが
旦那さんは濃い味が好み。
なかなか難しいですね。

ケル | 2016.01.18 21:38 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。