ホームスポンサー広告 ≫ 美脚になる自転車のこぎ方。ポイントは2つ。ホーム骨盤・O脚・足やせ ≫ 美脚になる自転車のこぎ方。ポイントは2つ。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





美脚になる自転車のこぎ方。ポイントは2つ。


美脚になるこぎ方


自転車をこぐと、足が太くなると思っていませんか?

いえいえ、そんなことはありませんよ。こぎ方ひとつで、自転車は美脚の味方になるのです。






美脚になる自転車のこぎ方


競輪選手の太ももって、筋肉がついていて立派ですよね。そのイメージからか、自転車は足を太くすると思いがち。

でも、それはこぎ方次第なんですよ。

サドルは高めに設定する。
足の親指の付け根をペダルにあててこぐ。


サドルは、自転車にまたがった時、両足のつま先が地面につくくらいの高さにします。そして、足の指先でペダルをこぐようにするのです。

そうすると、おしりや太ももの後ろの筋肉が鍛えられるそうです。

足の土踏まずでペダルをこぐと、太ももの前側の筋肉が鍛えれれてしまうので要注意です。


O脚の改善にもいい


美脚になる自転車のこぎ方を知って、さっそく実践しました。

つや子はO脚です。O脚の場合、重心が足の外側(小指側)にかかりがちです。そうなると内ももの筋肉もうまく使われず、太ももにしまりが無く、美脚からどんどん遠ざかっていきます。


足裏の重心を改善するために、足裏バランスをサポーターを使って整えているところです。
その足裏バランスのお話はこちらをどうぞ
探し続けたO脚を治す方法。私の場合足裏だった

足裏バランスを整えてきたおかげで、以前に比べると、重心が足の内側(親指側)にかかるようになってきました。

それが、この美脚になるこぎ方を試すようになってから、よりいっそう足の内側に、重心をかけやすくなりました。

つや子は足裏のバランスが悪くて、足の指で踏ん張る力が足りませんでした。それが、親指の付け根をペダルに付けてこぐことで、指の力が付いたのでしょう。親指で踏ん張って歩く=重心を足の内側にかけて歩くことができるようになったのだと思います。

重心を足の内側にかけて歩くことが出来れば、内ももの筋肉を鍛えることができます。(これがO脚の改善にはとても大事)
自転車を降りてからも、美脚の為のエクササイズになるわけです。

内ももを使いながら歩くと、腰回りの筋肉や、おなかの筋肉にも効いている実感がありますよ。

足が太いとか、O脚は日ごろの歩き方や習慣の影響が大きいです。
足やせのエクササイズを1日数分するよりも、自転車のこぎ方や歩き方など、日ごろの動作を振り返り、正していくのが先だと思っています。
つや子の経験上ですが、歩き方が変わらない限り、エクササイズをやってもなかなか効果は上がらなかったです。


日ごろの動作を正して、気が付いたら美脚になってる。そんな日がくるといいのですが。
いや、きますよ。だってあきらめませんから(^^;)
執念のおばさん、つや子です。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。