ホームスポンサー広告 ≫ 年齢に負けない美髪を手に入るためには、ココをケアするべしホーム美髪 ≫ 年齢に負けない美髪を手に入るためには、ココをケアするべし

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





年齢に負けない美髪を手に入るためには、ココをケアするべし


美髪には頭皮ケア



髪。
年齢の出る場所でもありますよね。
髪にハリやツヤ、ボリュームが無くなったり、白髪が増えたり。

そんな悩みを解消しようと、「髪」自体を頑張ってケアしていませんか?
でも、頑張ってケアするのはそこではありませんよ。




ケアすべきは頭皮


しっとりしたツヤのある髪の毛の為に、髪の毛を乾かすときには摩擦に注意して、ドライヤーは髪の毛から離して使う。
それから、夏場は紫外線を避ける為に帽子をかぶる。

髪を美しく保つためにできるケアは沢山あります。

でも、髪は伸びていき、生え変わるもの。今の髪が一生あるわけではなく、今も新しい髪が育っています。ということは、今ある髪のケアだけでは不十分ですよね。

これから生えてくる髪のケアも必要です。それが髪を育てる場所、頭皮のケアなんです。
将来も美しい髪を保つためのケアですね。

頭皮のケアってどんなことをするの?


頭皮のケアといって、何か特別なことをするより、まずは毎日の習慣の見直しを先にしましょう。


●シャンプーは正しく行う
●睡眠時間をきちんと取る
●冷やさない
●バランスのいい食事を取る
●女性ホルモンの分泌の妨げになることは控える。


えっ、そんなこと?と思いましたか?でも、気を付けることたくさんあるんですよ。


シャンプーは正しく行う


シャンプーの前にブラッシングして、お湯で髪を洗えばほとんどの汚れが落ちるといわれていますよね。最近では、シャンプーを使わない「湯シャン」というものがありますね。
湯シャンで快適な状態であれば問題ないのですが、長期にわたり髪がべたつく場合や、スタイリング剤を使う場合はシャンプーの使用をおススメします。

髪の根元には毛穴がありますね。毛穴は分泌される皮脂の出口でもあります。
その毛穴に皮脂が起こったままになると、やがてつまり、においも気になるようになります。

さらにはにおいだけでなく、皮脂のつまりは、髪ができる場所である毛根に、ダメージを与えるようになるのです。

髪を作る場所が健康でなければ、健康な髪は生えてきません。

シャンプーは頭皮の皮脂をとり、清潔にするためのものなんですね。


頭皮をキレイにするシャンプー
○髪をお湯で良くすすぐ
○シャンプーは泡立てず、頭頂・おでこの生え際・耳の上・えりあしなど、数カ所にのせる。
○のせたシャンプーを頭皮全体に広げるように、指の腹でマッサージしながら泡立てて洗う。
○できた泡で髪を洗う。
○よくすすぐ。



先日の記事で、顔を洗う時には手で泡立てず、顔で泡立てながら洗うというお話をしました。
まだの方はこちらをどうぞ
→美肌になるためにモコモコの泡はいらない


この方法を知った時、とてもビックリしました。たっぷりの泡で洗うのが、もう常識でしたから。
でも、同じことをつや子は数年前からやってたんです、頭皮にですが。

数年前、NHKのテレビ番組で「シャンプーを手で泡立ててから使うと、キレイにならない」といって、シャンプーを手に取ったら直接、頭皮の数カ所にのせて洗う方法を紹介していました。

この方法を知るまでの、つや子の髪の洗い方はこうです。
◎シャンプーを手に取る
◎テキトーに両手にのばし、頭のてっぺんあたりから洗う。
◎シャンプーを泡立てつつ全体を洗う。
◎良くすすぐ

これだと、頭のてっぺんはキレイになるのですが、最後の方に洗う生え際やえりあしは、すでに出来上がった泡で洗うのでスッキリしないこともありました。
あとから新たにシャンプーを手に取り、生え際だけを洗うこともあったんです。

で、テレビで見た方法を試すと、頭皮のどの部分もスッキリします。
シャンプーを直接頭皮に付けると、刺激が強いようなイメージがありました。でも、頭皮が乾燥したり、かゆくなったりすることなく、とても快適ですよ。


睡眠時間をきちんととる


夜、きちんと眠れば若返りホルモンと呼ばれる、成長ホルモンが分泌されます。
その成長ホルモンは、皮膚や筋肉の修復の役目もしています。

生えている髪の修復はできなくても、頭皮の修復はしてくれます。健康な頭皮の為にはきちんと眠りましょう。

また、眠っている間に修復してくれますが、その時に頭皮の汚れが無いのがベストです。朝髪を洗うと、寝ぐせの心配が無くていいのですが、頭皮の為には夜寝る前にシャンプーを済ませるのがおススメです。


冷やさない


冷えているというのは、血の巡りが良くないということですね。
キレイな髪を作るには、毛根にしっかりと血液を届けることが必要です。体を冷やさないようにすることや、シャンプーの時に指の腹でマッサージしながら洗ったり、優しく刺激したあげるといいですね。


バランスのいい食事をとる


体は、自分が食べたものでできています。これは髪も同じことです。
髪にいい食べ物などもあるようですが、体全体が健康であることが大事です。色んな食べ物を食べて、健康な体をつくる心がけを。


女性ホルモンの分泌をさまたげることは控える


女性ホルモンは加齢とともに減っていくものです。女性ホルモンが減るということは、男性ホルモンの影響を受けやすくなります。
だから、女性も抜け毛の悩みが出てくるのですね。

女性ホルモンの減少は避けられないけれど、そのスピードを遅らせたり、女性ホルモンの急な減少を防ぐことはできます。
睡眠時間や栄養をたっぷり取る。ストレスはため込まない、体を冷やさないなど、日々の生活を見直し心地よく過ごす工夫が必要ですね。


まとめ


美しい髪を作るには、基本は日々の生活習慣が大事ということですね。特別なケアでなく、頭皮をキレイに保ち、睡眠や食事を大事にすること。
当たり前のようですが、毎日続けるのは簡単なようで、そうでもない(^^;)
キレイになるのに、近道は無いんですね。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。