ホームスポンサー広告 ≫ しっとり洗顔の落とし穴。その後のスキンケア製品の効果も半減するかもしれない。ホーム落とす・洗う ≫ しっとり洗顔の落とし穴。その後のスキンケア製品の効果も半減するかもしれない。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





しっとり洗顔の落とし穴。その後のスキンケア製品の効果も半減するかもしれない。


しっとり洗顔


洗顔後の肌、しっとりしてないと不安になったりしてませんか?

大丈夫ですよ!洗顔後は、しっとりした無くていいんです。


今日は、「洗い上がりしっとり」にひそむ、落とし穴のお話です。




洗顔の目的は汚れを落とすこと


うるおいを守って、優しい洗い上がり。
化粧水をつけ忘れるくらい、洗顔後もしっとり。


そんな洗顔料は、とても魅力的に感じます。

顔を洗う時は、優しく・洗いすぎず、皮脂は取りすぎない。

そんな洗顔が良いとされてますが、そもそも洗顔の役割は汚れを落とすことですね。

キレイに汚れの落ちた肌は、そのあとのスキンケア化粧品のなじみもいいものです。
保湿は洗顔後のスキンケア化粧品におまかせして、洗顔に保湿を期待するのはよしましょう。


洗顔後のしっとり感の正体


洗顔料の成分を見ると、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている物もあります。
でも、洗顔料で洗った後はしっかりとぬるま湯ですすぎますよね。そのときに配合されていた保湿成分も、ほとんどは洗い流されてしまい、肌には残らないのだそう。

では、洗顔後のしっとり感はなぜ起こるのか。
それは、油分です。

洗顔料に含まれる油分、洗い残した油分です。

特に、しっとり洗い上げるタイプの洗顔料は、油分を多く含んでいる傾向にあります。また、洗浄力も優しいく、皮脂も残りがち。
油分はすすいでも肌に残りますから、しっとり感が得られるんですね。

でも、残念ながら油分は保湿してくれません。

保湿してくれるのは、セラミドなどの保湿成分です。
肌の保湿のお話はこちらがおススメ
→肌の保湿はセラミド配合美容液がおススメな理由



洗顔料に含まれる保湿成分は、すすげば流れていくし、肌に残った油分では肌の保湿してくれない。
それなら、「洗顔料にしっとり感を求めてもしょうがないなあ」という気になりますね。


しっとり洗顔のデメリット


しっとり洗顔をすると、洗顔料や皮脂の油分が残りがちです。そして、その油分では肌の保湿はできません。

そのうえ、肌に油分が残ることは次のようなデメリットもあるのです。

油分が酸化する。
スキンケア化粧品の浸透が悪くなる。


分泌された皮脂が、洗顔でも落とされずに肌に残ると、皮脂はどんどん酸化していきますよね。その酸化された皮脂は、活性酸素を生み出します。

活性酸素は、老化の原因の一つです。
シワやシミ、毛穴の開きの原因にもなるということです。

逆に言えば、油分を残さない洗顔が、シワやシミ、毛穴の開きを予防して、アンチエイジングになるということです。

それから、油分が残った肌は、洗顔後のスキンケア化粧品の浸透も悪くなります。
手のひらには、皮脂の分泌腺がありませんよね。その手のひらで、洗顔料を泡立てて、泡で顔を洗います。洗顔後、油分が多く残っているのは、おそらく顔の肌でしょう。手のひらは比較的サラっとしているのではないでしょうか?

油分の残った顔に、サラサラの手のひらでスキンケア化粧品を付けると、手のひらの方に化粧品が浸透していくということになりかねません。


おススメ洗顔料


皮膚科医の吉木伸子先生のおすすめは、「洗顔後指で触れると、キュッというくらい」の洗顔料だそうです。まあ、実際にキュッ音はしませんが、しっかり皮脂が落ちるものです。

具体的には、余分な油分を含んでいない、固形石鹸がいいとのことです。洗浄力も様々で、オイリー肌の人なら、浴用石鹸でも大丈夫だとか。

でも、どんな洗顔料を選んでも、ゴシゴシ洗うのは禁物。優しく、優しく、手や指の力を抜いて洗いましょう。

しっかり皮脂を落とすということと、ゴシゴシ洗うということは別の話なんです。

つや子も以前は、しっとり洗顔信者でした。
「しっかり皮脂を落とすなんて、とんでもない。乾燥して余計に顔がテカるじゃないのっ」
そんな風に思っていました。

しっかり洗う=刺激が強い
そんな気もしてました。でも、自分にあった洗浄力の物で、優しく洗えば刺激を感じることもありませんでした。
気にしていた皮脂の分泌も、しっかり洗ったからといって、増えた感じもありません。

化粧水も良くなじみます。皮脂や角質もキレイに毎日落としているせいか、肌のくすみも無くなってきたように思います。
特に午後からは、肌がなんとなく赤黒くくすんでいたのが気になってました。それがずいぶんマシになり、アイメイクやチークのカラーの発色も、夜まで待つようになりました。

土台となる肌がくすむと、どんなにきれいな色を乗せても、残念な色になるのですね。今まで、色持ちが悪いのは、アイシャドーやチークのせいだと思ってました(^^;)

皮脂をしっかり、優しい手つきで落とす。
一日、メイクのはえる肌になるかもしれませんよ。






関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。