ホームスポンサー広告 ≫ 毎日2杯の味噌汁がシミを薄くするって本当?味噌はアンチエイジングにもいい!ホーム食事・栄養 ≫ 毎日2杯の味噌汁がシミを薄くするって本当?味噌はアンチエイジングにもいい!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





毎日2杯の味噌汁がシミを薄くするって本当?味噌はアンチエイジングにもいい!


味噌汁で美白

味噌。

日本の代表的な調味料ですね。発酵食品なので体にいいというのは、広く知られていますね。

でも、味噌はアンチエイジングにもいいって知ってましたか?

今日は驚きの味噌のアンチエイジング効果のお話です。




味噌の栄養素


味噌の原料は、大豆・こうじ・塩です。

大豆は「畑の肉」と言われ、良質なたんぱく質を含んでいます。
味噌の場合、その大豆がこうじの発酵・酵素の力によって分解されているので、消化吸収しやすいんです。また、アミノ酸やビタミン類も豊富なので、あのコクのあるうまみがあるんですね。

●味噌の主な栄養素
必須アミノ酸
ビタミンB・E等のビタミン類
カルシウム・カリウム等のミネラル類
食物繊維
リノール酸
イソフラボン等

そして、原料であるこうじにも米こうじ・豆こうじ・麦こうじ等種類があって、どんなこうじが使われているかによって、味噌の種類や栄養素もかわります。


米味噌は美肌・美白にいい


味噌は地方によってなじみのものがありますね。その中でも、信州味噌や仙台味噌、西京味噌など広く使われている、米こうじを原料にした米味噌には美肌や美白にいいそうです。


東京工科大学の前田憲寿教授の研究によると、1日2杯の味噌汁がシミを薄くするという結果が出たそうです。

20代から40代の女性22人を対象にしたもので、A・Bの2グループに分けます。
Aグループには味噌汁。
Bグループには味噌無しの汁物。

それぞれ、4週間にわたり1日2杯を飲んでもらいます。

その結果、味噌汁を毎日飲んだAグループでは、頬のシミスコアの改善とメラニン量も減少したのだそう。

※シミスコアとは
100cm離れたところから、肉眼で顔を観察して、
シミが見当たらない→シミスコア1
シミが1個以上10個未満→シミスコア2
シミが10個以上15個未満→シミスコア3
シミが15個以上20個未満→シミスコア4
シミが20個以上→シミスコア5
としたもの。


ビックリですね。味噌ってどちらかというと、欠かせないけれど地味な食材ですよね。メイン食材にはならないですし。そんな味噌がシミを薄くしてくれるなんて。

美白化粧品を使っても、なかなか効果を感じる人は少ないのではないでしょうか?
つや子も産後、放置した肌にうっすらシミができていることにショックを受けて、美白化粧品を試そうとしたことがあります。で、とりあえずは口コミチェックをするのですが、「シミが消えた」とか「薄くなった」という口コミには出会えませんでした。

もちろん味噌汁だって個人差はあるのでしょうけど、試してみる価値はありますね。


味噌は肌の保湿にも役立つ


肌の保湿に重要なのは、水分よりも保湿物質です。

保湿物質にはヒアルロン酸やNMF(天然保湿因子)などがありますが、中でも有効なのがセラミドです。

セラミドは化粧品に含まれることがある美容成分ですが、もとは私たちの肌に存在している細胞間脂質なんです。肌の表面のレンガのように積み重なった角質細胞を、崩れないようにするためのセメントのような役割をしています。
角質細胞をつなぎ合わせることで、バリア機能となります。そしてセラミド自体が水分を抱え込んで逃がさないので、保湿にも美肌にも有効なものです。
肌の保湿にセラミドがいい理由は、こちらでも詳しく紹介しています。

ただし、美肌になるために必要なセラミドは、年齢とともに減っていきます。

減っていくから、スキンケア化粧品で補ったりするのですが、米味噌にはセラミドの生成を促す作用があることもわかってきているそうです。


いいのは米味噌だけじゃない


米味噌以外にも、豆こうじで作られた豆味噌や、麦こうじで作られた麦味噌にもいいこといっぱいです。

豆味噌は、豆こうじと大豆と塩で作られたものです。ほかの味噌に比べて大豆がたっぷり使われています。
ですから、大豆イソフラボンも豊富です。大豆イソフラボンには女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをするので、美肌効果や骨を丈夫にしたりする効果が期待できますね。


それから、味噌の種類に関係なく、コレステロールを下げるリノール酸も含まれていてメタボ予防にもいいと注目されています。


おススメの味噌のとり方


味噌が体や美肌にいいけれど、それは継続して取り続けてこそ。手軽に味噌をたべるなら、やっぱり味噌汁ですよね。体も中から温まるし、食べ過ぎの防止にも役立ちます。まずは1日1杯の味噌汁を習慣に!

そして、味噌のいろんな効果を期待するなら、合わせみそがおススメです。2種類以上の味噌を混ぜると、味に深みが出て美味しくなるそうですよ。

また、塩分が気になるなら、カリウムを多く含むものをみそ汁の具や献立にいれると、塩分の排出を助けてくれます。例えば、さつまいもやホウレンソウ、サトイモなどです。


古屋家では、ほぼ毎日夕食に味噌汁が登場します。主人が味噌汁が好きなので、なんとなく作ってきて、もはや習慣になっています。主人に感謝しないといけませんね(言わないけど)。
そのせいか、息子も味噌汁が好きです。澄まし汁よりも、ポタージュよりも味噌汁です。

家族が好きなので、美味しくなればな~と思って、数年前からだしを取るようにもなりました。そして、今年は自家製の味噌にもチャレンジしました。
自家製といっても、「大豆は柔らかく茹でて塩も混ぜてある状態のもの」と米こうじのセットを買いました。つや子は大豆とこうじを混ぜて、樽に入れるだけです。

つや子は楽天で買いましたが、今はこういった、大豆を柔らかく茹でてつぶしたものが売られてるんですね。それだけ多くの人が味噌を手作りしている、味噌に注目しているということがわかります。

米味噌を5キロ分仕込んだのですが、味噌のいろんな効果を知って、他の種類の味噌も作ってみようかなと検討中です。




関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。