ホームスポンサー広告 ≫ 肩甲骨周りをほぐしてアンチエイジングホーム上半身 ≫ 肩甲骨周りをほぐしてアンチエイジング

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





肩甲骨周りをほぐしてアンチエイジング


いきなりですが、肩を回してみてください。

腕を回すのではありませんよ、肩からじっくりと大きく回してみてください。


どうですか?滑らかに動きましたか。

それともポキポキと音がしたり回りにくかったり、痛かったりしませんでしたか?


そういう方は背中の肩甲骨あたりの筋肉が、固まっている可能性が高いです。

肩甲骨周りをほぐすことがアンチエイジングにも繋がりますよ。
今日はそんなお話です。





肩甲骨とは


後ろで腕を組んだ時に、背中に盛り上がってくる骨がありますね。それが肩甲骨です。
肩甲骨の位置



肩甲骨は、鎖骨と腕の骨とつながっているだけなので、宙ぶらりんの状態。

本来なら肩胛骨は、上下左右と自在に動かせるものです。そしてその動く範囲(可動域)も広いのです。

でも、女性の場合炊事・洗濯などで前かがみになる時間が多いですね。

また、子どもが小さい間は抱っこをすることも多いですから、どうしても肩や背中が丸まり、自分で意識して肩甲骨周辺をほぐしてかないと「猫背」になりやすいのです。

この猫背というのは肩甲骨が外側に広がった状態で、周囲の筋肉も伸びた状態になります。

筋肉が伸びたままになると血行も悪くなり、乳酸がたまり痛みが出てきます。これが肩こりです。

しかも背中も大きく見えてしまいます。

肩甲骨を動かして周りの筋肉をほぐすと、猫背や肩こりが改善されるだけでなく美容にもいいですよ。


肩甲骨回りをほぐすと、いいこといっぱい!


ほっそりと見えます。


鏡の前に立って、腕を下ろしたまま肩を回してみてください。
肩甲骨が一番下に降りたとき、いつもよりほっそりとスタイルよく見えませんか?

その肩を回して、肩甲骨が一番下にあるのが正しい位置だそうです。

前に丸まっていた肩は,後ろに下がります。

肩幅は狭まり、二の腕もスッキリしたように見えるかと思います。


また、肋骨も引き上げられるのでウエストにも、変化があるかと思います。
肩甲骨の位置によって、痩せているようにも、太っているようにも見えるのです。

バストアップする


肩甲骨を下げることによって、大胸筋が引き上げられます。すると、バストも上向きに。


肩甲骨をあるべき場所に戻せば、姿勢もよくなります。

良い姿勢というのは美しいものです

血流が良くなる


筋肉が凝り固まっていると、血の巡りが悪くなるのは、ご存知の方も多いですね。

血の巡りが悪いと、身体も冷えやすいです。

せっかくバランスよく食べた食事の栄養や早めに眠って分泌された、成長ホルモンも血流が悪くては上手く全身回ることができません。

血の巡りを良くして、栄養やホルモンの働きを最大限発揮しましょう。


肩甲骨をほぐす方法


ネットで調べると、肩甲骨回りをほぐす方法は、色々と方法は出てきます。

でも、主婦で家事や子育てをやっていると前傾姿勢になる機会も多くて、1日に何回と決めてエクササイズをするよりもマメにほぐす方がいいように思うのです。

気づいたときに、じっくり肩を回したり、肩甲骨を寄せたりしました。

もちろん合間合間にできるエクササイズもありますが、覚えるのがなかなかでしたので・・・

随分長い間猫背でしたので、ほぐすのには時間がかかりましたが今ではスッキリ、滑らかに動かせるようになりました。

バストの形も良くなってきました。
ただし、ずいぶん小さいですけどね。

背中は自分では見えませんし、あまり気にかけることも少ないですよね。

でも、そこにも注目してケアをすることがアンチエイジングにも役立ちます。

これからは寒さが厳しくなります。背中も丸まりがち。

積極的に肩甲骨回りをほぐして、キレイなスタイルや血の巡りの良い身体を作りましょう。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。