ホームスポンサー広告 ≫ ものを減らせば、気になる家のコレも減る。ホームシンプルライフ ≫ ものを減らせば、気になる家のコレも減る。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ものを減らせば、気になる家のコレも減る。


家の中のにおい


昨年から持たない暮らしを心がけるようになりました。

とにかく、必要なものだけを残すように、いらない物は処分しました。すると、当然家の中のものは減り、スッキリします。


でも、減ったのは物だけではありません。それは、目に見えないけれど、家に入った瞬間に気づくものです。




ものが減ると、「家のにおい」が減る


ものを減らしてから、家に帰り玄関の扉を開けるとフワッと感じる家のにおいが、ずいぶん減りました。


ものをたくさん持っていた頃は、家のにおいが気になっていました。きっと、下駄箱が原因だろうと思って、時々下駄箱から靴を出して掃除していました。

でも、においは無くなりませんでした。
「まあ、今の家は気密性も高いし、においがこもりやすいものなのよ、きっと」
そう、勝手に納得して、時々芳香剤なんかを置いてみたりしました。香りでごまかすわけです。でも、つや子はマメではないので、香りの無くなった芳香剤もしばしば放置され、玄関が散らかるだけでした。


それが、ものを減らしていくと、においまで減っていったのです。もう、芳香剤も必要ありません。



ものを減らすと家の中のにおいが減る理由


●においが付くものが減る
ものにもよりますが、においというものは移りますよね。ほこりは拭けば取れますが、移ってしまったにおいは、そう簡単には取れません。
でも、ものが減れば、においも移ることはありません。


●においがこもらない
ものがたくさんあるという状態は、充分に換気しにくいものです。特に、ものをたくさん詰め込んだ押し入れや納戸は、ふすまや扉をちょっと開けたぐらいでは、換気できません。
換気ができないと、今あるにおいはそのままです。その上湿気もこもり、湿っぽいにおいや、カビも発生してかび臭いなんてことにも。

それを避けるためには、中に詰まったものを出して、充分に換気することです。でも、どうですか?たくさん詰まったものを一度出して、また元に戻す作業、面倒ですよね。つや子は、押し入れや納戸の中のものを、換気だけの為に出したことなんてありませんでした。
出すのは必要なものを取り出すときだけでした。

でも、ものを減らせば換気もラクになります。押し入れや納戸からものを出すことも、格段にラクになり、換気も充分にできます。
換気がラクになれば、湿気もこもりにくくなりますし、カビだって生えにくいです。今あるにおいも換気することで無くなります。新しいにおいが発生することもありません。


●掃除がしやすい
においを減らすには、清潔を保つことです。汚れた場所やものからは、においがしやすいものです。

ものが減れば、掃除がとてもしやすくなり、細かな場所まで掃除が行き届くようになります。家の中から汚れのたまった場所が減るので、においも減っていきます。

古屋家の押し入れや納戸も、換気をするためにだけにものを出し、ついでに掃除もするようになりました。


においが無いからこそ、楽しめること


ものが減って、頑張って掃除したからと言って、古屋家が無臭ということではないです。人はにおいに慣れてしまうものですし。

でも、においを香りでごまかすこともありませんし、柔軟剤も使っていないので、香りを加えるという暮らしではありません。「いいにおいはしないけれど、嫌なにおいもしない」というのが古屋家の家の中です。

小さな賃貸なので、玉ねぎを炒めれば、家にそのにおいが広がります。でもパンを焼けば家中パンを焼くいい香りが充満します。純粋にいい香りを楽しめるわけです。おいしいにおいって、芳香剤以上に幸せな気分にしてくれます。

芳香剤や柔軟剤は使いませんが、つやこ時々香水を使うことがあります。出かけるときなど、ごくたまにですが。日ごろはにおいを付けないけれど、ここぞという時ににおい・香りを楽しんでいます。















関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。