ホームスポンサー広告 ≫ 貧血だけじゃない。鉄分不足が原因の意外な症状。ホーム健康 ≫ 貧血だけじゃない。鉄分不足が原因の意外な症状。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





貧血だけじゃない。鉄分不足が原因の意外な症状。


鉄分不足が原因


鉄分不足ときいてパッと思いつくのは貧血という人が多いのではないでしょうか?

フラッと立ちくらみがしたりと、なんとなく「か弱い女性」のイメージもあったり。


でも、けっしてそれだけではないんです。今感じている不調も、実は鉄分不足かもしれません。
今日は、そんなお話です。




鉄分不足からくる症状


1、立ちくらみ
2、息切れ・動機
3、疲れやすく、疲れも取れにくい・ダルイ
4、肩こり
5、ものが飲み込みにくい
6、足がムズムズする
7、まぶたの裏が白い
8、些細なことでイライラする
9、集中できない
10、やる気が出ない  

などです。どうでしょう。鉄分不足から色んな不快な症状が出るのですね。
それも、鉄分不足はメンタルにまで影響するのですからビックリです。

鉄分の役割


鉄分は体の中で作ることはできません。食べ物やサプリメントで摂取するしかないのです。

その摂取された鉄分は主に血液になったり、神経伝達物質を作る材料になります。

●鉄分は血液になって全身をめぐる
血液の中には赤血球という細胞があります。その赤血球の中はヘモグロビンで充満しています。そして、ヘモグロビンは酸素を体中に運ぶという大事な働きをしています。

そのヘモグロビンはタンパク質からできているのです。

ということは、鉄が足りないとヘモグロビンも作られない、ということになりますね。
ヘモグロビンが足りないということは、体中に酸素を十分に運べない、酸欠状態ということなんです。

酸素が足りないのですから、立ちくらみや息切れもおこりやすくなります。また、疲れやすくて、疲れも取れにくいというのも納得できますね。


●鉄分は神経伝達物質を作る
人が感じる、やる気や楽しいという気持ちは、脳細胞と脳細胞の間で神経伝達物質が信号を送ることで起こるものです。

その神経伝達物質は、脳の中で作られています。鉄分は、神経伝達物質を作るときに必要な成分なんです。

鉄分が足りないと、神経伝達物質も足りなくなります。神経伝達物質が足りないと、うまく信号を送ることが出来ず、やる気も楽しいと感じることも減ってしまうのです。
イライラするというと、カルシウムが足りないのかな?という気がしますが、鉄分不足が原因ということもあるのですね。

つや子、鉄分不足がメンタルに影響するなんて知りませんでした。立ちくらみもしないし、鉄分不足を意識したことなかったんです。でも、疲れやすすくなったし、イライラする機会も増えたように思います。もしかしたら、つや子鉄分不足かもしれません。


多くの女性は鉄分不足


多くの女性は鉄分不足といわれています。
健康診断などの一般的な貧血の検査は、血液中のヘモグロビンの濃度で調べます。ヘモグロビンの濃度が基準値よりも低ければ「貧血」ということになるのですが、実はこのときすでに鉄分不足が進行している状態なんです。

鉄分不足による不快を解消するには、血液だけでなく体に鉄分を貯蔵することが大事なんです。
体に摂取された鉄分の多くは赤血球に含まれます。そして残りの鉄分は、肝臓や脾臓(ひぞう)に蓄えられている貯蔵鉄などとして蓄えられます。

血液中のヘモグロビンが減ってくると、蓄えられていた鉄分が使われていきます。そうやって、生きる為に体が酸欠状態にならないようにするのです。

でも、蓄えた鉄が減っていく段階でも自覚症状が出てくるそうです。たとえ血中のヘモグロビン濃度が十分で、検査で貧血と診断されなくても貧血ということはあるのです。隠れ貧血といわれるものです。

その隠れ貧血を含めると、多くの女性が貧血ということになるのです。

ちなみに貯蔵血がどのくらいあるか知るには、血清フェリチンの値を病院で調べてもらうとわかるそうです。



鉄分をとろう


不足すると、色んな症状が出る鉄分。体の中で作ることができない上に、摂取しても吸収されにくいという特徴があります。

鉄分を多く含む食品として、レバーやあさり、マグロやブリ、牛肉、大豆製品や小松菜・ホウレンソウがあります。
特に動物性の食品に多く含まれるヘム鉄は吸収がいいので積極的に取りたいところです。

鶏レバー甘辛



逆に植物性の食品に含まれる非ヘム鉄は、体への吸収があまりよくありません。けれど毎日手軽に取りやすいのは、植物性の食品ではないでしょうか。
吸収を良くするために、一工夫する必要があります。非ヘム鉄の吸収を良くするためには、ビタミンCとタンパク質を一緒に取ることです。


また、鉄分は汗をかくことで、体外に出て行ってしまうので、夏場は特に意識し鉄分をとる必要がありますね。
つや子は汗かきなので、鉄分もたくさん出て行ったはずです。夏、夜寝るときに足がムズムズして、寝付きにくいということがたまにですがありました。暑いのが原因だと思っていましたが、これももしかしたら鉄分不足だったのかもしれません。

酸素を体の隅々まで巡らせることは、美肌になるためには必要なことです。毎日生き生きと過ごすためには、疲れを貯めていては難しいですね。
日々の食事に鉄分をとることを少し意識して、鉄分を蓄えましょう。



関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。