ホームスポンサー広告 ≫ 持たない暮らしの小さなキッチンは詰め替えません。ホームシンプルライフ ≫ 持たない暮らしの小さなキッチンは詰め替えません。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





持たない暮らしの小さなキッチンは詰め替えません。


詰め替えやめました


おしゃれなキッチンや料理上手な人のキッチンを、テレビや雑誌で拝見すると、調味料や乾物、スパイスなどが小さな瓶に詰め替えられて、キレイに並んでいることが良くありますね。

以前はそんなキッチンに、ものすごく憧れていました。

でも、持たない暮らしを始めてからは、古屋家の小さなキッチンには必要ないということがわかりました。
その理由は、詰め替えの瓶を増やさないだけではありません。





詰め替え瓶を並べるには場所が必要


瓶に詰め替えて並べたり、引き出しの中に収納した場合、見た目もキレイですし、透明の瓶なら中身も見えて使いやすいです。

でも、瓶に詰め替えると、場所を取るんですよね。

小さなキッチンで収納に場所を取られると、調理の作業スペースも減ってしまいがちです。そうなると手際よく料理なんてできなくなってしまいます。

もとから、袋に入っているものは、詰め替えずに立てて収納すれば、場所も最小限で済みます。

コンソメや、わかめ、ふりかけなどをこんな風にかごに入れて収納しています。
あさイチ収納  調味料


仕切りに使っているのは、紙袋です。以前にNHKのあさイチでやっていたのですが、紙袋を内側に折込んで使います。
あさイチ収納



まったくもって、おしゃれに収納できてませんが、機能性はバッチリです。プラスチックのかごでなく、木箱とかにすればもっと見た目も良くなりますね、多分。

ちなみに、我が家で詰め替えているのは、砂糖と塩、お酒くらいです。みりんや醤油は、買った時のボトルのままコンロ下の扉の中に収納します。


詰め替え瓶の手入れが不要


以前、キッチンのコンロの近くに、スパイスラックを置いていたことがあります。スチール製のラックで、そこに塩コショウ、ガーリックパウダー、ラー油など並べてました。

コンロの近くだと油で汚れるので、手入れが必要になります。また、引き出しなどにしまっている場合でも、空っぽになって詰め替えるときには、一度洗って、また乾かさないといけません。

詰め替えなければ、そういった瓶の手入れがいりません。中身が無くなれば、袋を捨てるだけなので、ラクです。

持たない暮らしをはじめて、スパイスラックも処分しました。このスパイスラックの汚れを落とすのも、結構大変でしたが、それも解放されました。


ものが少なければ、詰め替える必要がない


いろんな種類の調味料やスパイスがあれば、料理の時に使いやすいように、透明な瓶に入れたりラベリングしたり、工夫が必要ですね。

でも、つや子には、そんなに色んな種類の調味料も、スパイスも必要ないということに、持たない暮らしをはじめてから気が付いたんです。

本当に必要で、使い回せる調味料を、使い切れる量だけ買います。そうすれば、種類もそんなに増えませんし、もともと入っている袋のまま使っても問題ありません。

たくさん持っていなければ、小分けしたり、中身が見えやすく、使いやすくする工夫がいらないのです。

油でよごれた瓶。そしてその中には古くなったスパイス。
それを見て、「あ~あ、これどうしよう」そう思うことが今ではありません。

ラー油なんて何回買い替えたでしょう。いまでは、買わなくなりました。
どうです?ラー油、期限内に使い切れてます?
気づいたら、とっくに賞味期限切れてるのは、多分つや子だけじゃないと思うのですが。良かったら、ご自宅のラー油、一度ご覧あれ(^^;)

プラスチックのかご×紙袋収納のつや子が、インテリアに興味があるといっても、ちっとも説得力無いのですが、おしゃれなキッチンや収納は今でも憧れです。

でも、古屋家のキッチンや、つや子のものを管理する力を考えると、詰め替えずにそのまま使うのが一番なのです。

近い将来、油汚れがついて放置されるであろう詰め替えの瓶も、買う必要が無いのです。









関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。