ホームスポンサー広告 ≫ 野菜の栄養価を簡単にアップさせる方法。時短料理にもおススメ。ホーム食事・栄養 ≫ 野菜の栄養価を簡単にアップさせる方法。時短料理にもおススメ。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





野菜の栄養価を簡単にアップさせる方法。時短料理にもおススメ。


野菜の栄養価をアップ

美肌になるためには、毎日の食事で栄養ときちんと取ることが大事なのは、みんなが知っていることですね。

でも、バランスのいい食事を毎日作って食べるのは、なかなか難しいところです。

そんな時どうしますか?サプリメントを飲みますか?

いえいえ、毎日の食事の栄養をアップさせる方法があるんです。しかも、時短料理にもなるんですよ。





冷凍することで多くの野菜の栄養価がアップする


野菜を干すと、栄養価やうまみがアップします。

でも、野菜の栄養価をアップさせるのは干すだけじゃないんです。冷凍することで、多くの野菜の栄養価がアップするんです。

肉や魚はまとめ買いして、小分けしてから冷凍しますね。
でも、野菜は冷凍すると、食感が変わって味も落ちて、栄養価も下がるような気がして、避けている人も多いのではないでしょうか?

つや子もその一人です。冷蔵庫の野菜室に立てて入れたり、葉物は紙で巻いて保存したりしています。
野菜は冷凍するよりも、冷蔵庫の中で、長持ちする工夫をしていたんです。

ですが、野菜って収穫してから置いておくだけで栄養価は下がっていくそうです。新鮮な野菜というのは、美味しいだけでなく栄養価の面でもよいのですね。

野菜を冷凍することで、鮮度が失われることを防ぐだけでなく、栄養価がアップするということが、イギリスのチェスター大学の論文で発表されているのです。

その発表によると、冷凍した野菜と生の野菜の栄養価を調べてみたら、野菜全体の2/3で冷凍した野菜の方が、生の野菜よりもビタミンCや抗酸化物質を多く含んでいるそうです。

冷凍するだけで栄養価がアップするなら、やってみようかなって気になりますね。


おススメの冷凍野菜


●にんじん
βカロテンが2倍、ルテインが3倍に増加
ビタミンCやポリフェノールも増加


好みの大きさに切って、20秒ほど茹でたらしっかり水気を切って冷凍。


●ブロッコリー
βカロテンは4倍に増加
ルテインやビタミンCも増加


小房に分けて固めに茹でたら、しっかり水気を切って冷凍。


●小松菜
ビタミンCが増加

サッと茹でて、食べやすい大きさに切って冷凍。

※良く洗ってから、水気を切って生のまま冷凍もできる。冷凍すると細胞が壊れて柔らかくなるので、自然解凍後にぎゅっと水気を絞れば茹でたようになる。茹でることで流れ出す栄養も、逃さず食べられるメリットがある。


●シイタケ
アスパラギン酸、グルタミン酸、グアニル酸などのアミノ酸が3倍に増加。うまみがアップする。

いしづきをとってからスライスして、生のまま冷凍。
※汚れは洗い流さず、キッチンペーパーで拭きとる。


どの野菜も1ヶ月を目安に使いきります。

また、冷凍するときは、ラップやジップ付きの袋に入れて、空気に触れないようにしてから急速冷凍します。
家庭の冷蔵庫に急速冷凍モードが無い場合は、アルミトレーやアルミホイルの上に野菜を並べて、なるべく早く冷凍するようにします。この辺は主婦の方はよくご存じですね。



冷凍野菜は時短料理に役立つ


茹でるというひと手間が必要ですが、冷凍野菜は時短調理に役立ちます。

●すぐに使える
●火の通りが早い
●調味料の浸透が良くなる



すでに洗って、食べやすい大きさに切って冷凍しているので、すぐに使うことができます。また、彩りに少しだけ使いたいときにも便利です。
一度茹でていることや、冷凍することで野菜の細胞が壊れるので早く柔らかくなり、調味料もしみこみやすくなります。


さらには、生の野菜と肉にオイルと調味料で味を付けてから冷凍しておく「味つけ冷凍」なら、後日炒めるだけで一品できて便利です。

つや子、子供が産まれる前は仕事をしていて、帰りが遅くなることもあったので、よくピーマンと豚肉と調味料で仕込んでいました。
確か「今日の料理」でやっていたんですが、レシピを書いたメモがどこかへ行ってしまったんですよね。

味つけ冷凍のレシピ本は、いくつか出版されています。野菜の栄養価がアップするなら、本を参考にやってみようかなと思います。


バランスよく食べるのは、なかなか難しいものです。必要な栄養をとろうと頑張って食べると、カロリーも気になります。

また、現代の野菜は昔のものに比べて、ビタミンが減っているともいわれています。

ビタミンCやポリフェノールなどの抗酸化物はアンチエイジングにも必要な成分なので、すぐに食べない野菜は、積極的に野菜を冷凍して、効率よく栄養を取るのがおススメです。


関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © すっぴん美肌になる暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by GranduoNet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。